AppleのDAPであるipodに音楽を転送してみよう

SONYのウォークマンと並んで代表的なDAPであるAppleのiPod。

最近ではiPhoneが主体となっていますが、スマートフォンとは別にDAPとして使いたいという人もいることでしょう。

そこで今回は、iPodを使うために重要な音楽の転送方法を紹介していきます。

iTunesに音楽データを入れる方法

AppleのDAPとして有名なiPodで音楽を聴こうと思った場合、基本的にはPCなどから音楽データを転送する必要があります。

まずは転送する前段階として、音楽データを管理してくれるiTunesというソフトウェアへ音楽データを取り込む方法を紹介していきます。

iTunesに音楽CDの曲を取り込む

まず最初に紹介するのは、音楽CDに入っている曲をiTunesに取り込む方法です。

PCでiTunesを起動し、CDドライブに取り込みたい音楽CDを挿入します。

するとiTunes上の画面が変わり、CDの曲リストが表示されます。

各曲の左側にあるチェックマークをクリックすることで、その曲を取り込むかどうかを選ぶことができます。

CDを挿入した直後の状態では、全ての曲にチェックがついているので、取り込みたくない曲がある場合にはチェックを外してください。

iTunesの画面の右上にある[インポート]をクリックすることで、次の状態に進みます。

CDを挿入した後に曲リストが表示されないときには、画面左上にある[ライブラリ]からCDを選んでください。

[ライブラリ]上にCDが表示されない場合には、CDが読み込めていないということになります。

また、CDを読み込んだ際にインターネットに接続されていると、曲名やアーティスト名が自動で取得されます。

[インポート]をクリックすると、インポートの設定が行えます。

ここではインポート方式や音質、ビットレートなどを変更することができます。

その画面で[OK]を押すことで、インポートが開始されます。

MP3などの音楽ファイルをiTunesに追加する

続いては、MP3やAACといった音楽ファイルをiTunesに追加する方法です。

iTunesを起動し、[編集]→[設定]を開きます。

その中の詳細タブにある「ライブラリへ追加時にファイルを[iTunes Media]フォルダにコピーする」にチェックを入れます。

続いてエクスプローラーを開き、iTunesに追加したい音楽ファイルのある場所を開き、それらのデータをiTunes上にドラッグ&ドロップすることでiTunesに追加されます。

なお、詳細タブでチェックを入れていない状態の場合、追加した音楽ファイルを別の場所に移動させた時に、「元のファイルが見つかりません」と表示され、再生できなくなってしまいます。

その場合には、移動した曲をiTunesでクリックし、移動した場所を指定することで再生できるようになります。

こまめに音楽データなどを移動する場合には、チェックを付けておくのがおすすめです。

iTunes Storeで音楽を購入する

ここまではCDや音楽ファイルなどを自分で用意する必要がありましたが、iTunes専用のオンラインストアである「iTunes Store」を使用することで、PC上で音楽を購入することができます。

iTunesからiTunes Storeへアクセスし、上部にあるタブから[ミュージック]を選択します。

その後、Apple IDとパスワードを入力してサインインし、購入したい音楽を選び、購入します。

サインインすることで、自動でiTunesに購入した曲が表示されるようになります。

iTunesからiPodに音楽を転送する

ここまではiTunes上で音楽を準備する段階でしたが、ここからはiTunesからiPodに音楽を転送する方法になります。

これを行うことで、準備した音楽をiPodで聞くことができるようになります。

iTunesにiPodを認識させる

iTunesの音楽をiPodに入れるためには、iTunesを起動した状態で、iPodをPCに接続します。

するとiTunes上にiPodのアイコンが表示されるようになるので、それをクリックします。

するとiTunes上でiPodとの同期画面が表示されます。

iPodに音楽を転送する

iPodが認識された後は、iTunesとiPodを同期させることで音楽を転送します。

iTunesに表示されている同期設定画面で、[ミュージック]を選択し、[ミュージックに同期]にチェックを入れます。

その後、画面下にある[適用](もしくは[同期])のボタンをクリックすることで同期が開始されます。

同期が終わったら、[取り出し]のアイコンをクリックすることでiPodを取り外すことができます。

この際に[取り出し]をクリックしないで取り外してしまうと、データなどが壊れてしまう可能性があるので注意が必要です。

また、一部の曲やプレイリストのみを同期したい場合には、[選択したプレイリスト、アーティスト、アルバム、およびジャンル]を選び、iPodに転送したい曲やアーティストにチェックを入れてから同期を行います。

iPodで音楽を購入する

最後に紹介するのは、iTunesを使用せずにiPodで直接音楽を購入する方法です。

この方法はiPod touchでしかできませんが、PCを使わずに音楽を追加することができます。

iPodでの音楽の購入方法

iPod touchでは、Wifiを使用してインターネットに繋がっている状態なら、iTunes Storeに接続して音楽を購入することができます。

基本的な方法はPCを使ってiTunes Storeで音楽を購入する際と方法は同じです。

なお、iPod touchで購入した音楽はiTunesと同期した際に、iPod touchからiTunesに転送することができます。

まとめ

iPodはウォークマンと並んで代表的なDAPです。

有名な分購入もしやすく、使用している人も非常に多いです。

機種も多く、自分に合ったDAPとして使いやすい商品となっています。

iPodに曲を入れて、いつでも音楽の聴ける生活を楽しんでみませんか。