音楽を聞くためのDAP どれを選べばいいのか分からない方におすすめの選び方7選

DAPはいつでも場所を問わず最高品質の音を聞くことができる音楽プレイヤーです。

スマホやiPhoneよりも高品質の音を聞きたい時におすすめですが、どんなものを選べばいいのか分からないと思います。

そこで、初心者の方に向けてどのDAPを選べばいいのか選び方を紹介していきます。

DAPの選び方

DAPの違い

DAPによって音の違いは必ずあります。

プレイヤーをみるとわかりますが、色や形、大きさなど目に見えて違いがあるのはもちろんですが、音響も各メーカーによってかなり変わってきます。

音の傾向に加えて普段使っているイヤホンの相性だったり、使っている音楽ストリーミングサービスもしてからDAPを選ぶのがおすすめです。

音質

これはメーカーやプレイヤーにより音の特性というのは違うということです。

低音がしっかり出てきてくれるもほやボーカルなも中音域がクリアに綺麗に聞こえるものなど、どのプレイヤーを使うかにより全く違います。

購入前に実際に音楽を聞いてて自分好みの音を探すのが1番です。

機能

プレイヤーには色んな機能が搭載されていて、再生したい音源や使用用途により選ぶことができます。

便利な機能が搭載されているだけでなく、こんな機能が付いているから購入したいなと思うような魅力的なものまで沢山だているので、機能もしっかり選ぶのがおすすめです。

例えばUSB DAC機能というのはパソコンやスマホなどUSBケーブルで接続して、接続した機器の中で再生しているものをそのまま全てデータごとプレーヤーに転送しらそのデータを再生できる機能もあります。

プレイヤーの内部には音源であったり、動画を再生するための高音質で音を聞きたい方にはとても便利です、そして2つ目がBluetoothレシーバー機能で、USB DAC機能をBluetoothを使えば無線でできる機能です。

Bluetoothは転送するので、音信に関しては若干違いが出てきますが、ケーブルで接続しないので、しなやかに感じると思います。

そして3つ目がLINK機能で、メーカーによりLIKE機能と呼ばない事もありますが、スマホとDAPをBluetoothもしくはWiFiを接続してスマホをリモコン代わりに使用することで、遠隔で操作できる機能になります。

DAPはカバンやポケットに入れたまま曲を選ぶことができるので、かなり便利なおすすめ機能です。

価格

DAPは価格がそれぞれ異なりますが、音質に対しては1人1人こだわりがあると思います。

DAPのパーツや開発コストをかけるのか、そこを削減するのかなどにより価格が大きく違ってきます。

値段が高ければそこへのこだわりが強く現れますが、低価格のものでも、コストが許される範囲内で最大限にこだわっているものもあります。

1万円~3万円までの物だとコンパクトに運用が出来て、音質やシンプルな機能が備わっており、スマホの他にDAPを試してみたいという方、コンパクトな機能が欲しいという方におすすめです。

3万円~5万円ぐらいの物だと音質はもちろんですが、機能性に優れた物が多く、メーカー事の特性も濃く現れていると思ってください。

5万円以上のものだと、さらに優れたものが欲しい方におすすめで、音質を楽しむことができます。

イヤホンの接続方法

DAPにはイヤホンまたはヘッドホンを接続する時に2種類の方法があります。

一つ目は、有線のイヤホンを繋ぐ方法でプラグの光景を合わせれば適用可能なので気軽に利用することができます。

プラグの光景には複数のサイズがあるので、今持っているイヤホンにあったDAPを選ぶのがベストです。

二つ目はワイヤレスで接続する方法で、Wireです。

接続で使いたい時は使用したいコーデックに対応しているか動画を確認してからにしてください。

ストリーミング

毎月料金は払うことで色んな楽曲を聴くことができる音楽配信サービスで音楽を聴く方が増えてきています。

普通の音楽プレーヤーでは聞くことはできないので、もしストリーミングを使いたい場合は、それに対応しているDAPを選んでください。

ちなみに音楽ストリーミングというのは無料のものから定額制のものなど色々ありますがSpotifyなどに代表するネットで音源を再生できるサービスそのものの事を指します。

プレイヤーやスマホに入れてない音源も楽しめるメリットがあります。

メモリ

メモリに関して内蔵メモリとスロットを搭載してmicroSDを使う外部メモリに分けられます。

DAPにメモリの内蔵をしておらず、外部メモリに依存するものや、内蔵メモリを持ちながらも外部メモリを使うものまで幅広くあります。

外部メモリの認識は最大容量があるので、その容量を超えてしまうとメモリカードが使えなくなるとで、気をつけてください。

まとめ

DAPにも色んな種類がある事は分かっていただけたと思います。

音質を重視するのか機能を重視するのか、それとも値段は高くても両方欲しいのかをしっかり考えてから選ぶことをおすすめします。

できれば店舗でしっかり確認してから買う方が失敗せずに済みます。