ソニーのDAPであるウォークマンに音楽データを転送してみよう

代表的なDAPであるSONYのウォークマン。

これから購入してみようという人もいることでしょう。

そんな時に問題となるのがどのようにして音楽データをDAPに転送するのか。

今回はその音楽データの転送の仕方について、いくつかのソフトウェアを利用した方法を紹介していきます。

Music Center for PCでの音楽の入れ方

まず紹介するソフトウェアはMusic Center for PCです。

手順としては、このソフトウェアに音楽を取り入れてからDAPに転送する形になります。

Music Center for PCのインストール方法

Music Center for PCを使用するためには、まず最初にこのソフトウェアをインストールしなければいけません。

手順は、まずMusic Center for PCのインストーラーをダウンロードし、それを起動します。

インストール画面が表示されたら[次へ

]を選択します。

その後、[使用許諾契約]が表示されるので、確認した後に[同意します]を選び、[次へ

]を押します。

その後も画面の指示に従っていくことでインストールを行うことができます。

Music Center for PCへの音楽の取り込み方

Music Center for PCへの音楽の取り込み方は大きく分けて2つあります。

1つ目は、音楽ファイルを直接ドラッグ&ドロップすることです。

エクスプローラーなどを開き、そこからMusic Center for PCのコンテンツリストに直接ドラッグ&ドロップすることで音楽を取り込むことができます。

2つ目はメニュー画面から行う方法です。

左上にあるメニューボタンを押し、[ファイル]メニューを開きます。

そこにある[ファイルを指定して取り込む]か[フォルダーを指定して取り込む]を選びます。

そこから取り込みたい音楽ファイルやフォルダを選べば取り込むことが可能です。

Music Center for PCからDAPに音楽を転送する

Music Center for PCからDAPに音楽を転送する場合には、まずオーディオ機器をMusic Center for PCがインストールされたPCに接続します。

するとMusic Center for PC上のサイドバーの[機器転送・管理]の部分に接続した機器が表示されます。

そこをタップすると、右側に転送先が表示されるので、どこに転送したいのかを選びます。

SDカードなどを入れている場合には、それらはメモリーカードと表示されるので、それを選ぶことでSDカード内に転送することができます。

その後、コンテンツリストから転送したい曲やプレイリストを選択し、最後に「→」ボタンを押すことで転送が始まります。

また、DAPに未転送の曲の身を転送する場合には、転送先を選ぶところまでは同じ手順で、その後[マイライブラリ]から[未転送の曲]を選ぶことで可能です。

転送する曲を選びたい場合には前者を、とにかくすべての曲を転送したい場合には後者の方法で行うのがおすすめです。

Content Transferでの音楽の入れ方

Content Transferを使用してもDAPに音楽を入れることができます。

こちらの方が先ほど紹介したMusic Center for PCよりも簡単な手順になるので、PC関係が苦手な方にはおすすめかもしれません。

Content TransferからDAPに音楽を転送する

Content Transferでは、ソフトウェア内に音楽ファイルなどを保存する必要がありません。

こちらではContent Transferを通してPC内にある音楽のデータをDAPに送るための道を作ってくれます。

まず最初にオーディオ機器をPCに接続し、Content Transferを起動します。

さらに音楽ファイルの入ったフォルダをiTunes やInternet Explorer、エクスプローラーなどで表示します。

表示したファイルの内、DAPに転送したいものを選び、それらをContent Transferにドラッグ&ドロップすることで転送することができます。

こちらではMusic Center for PCのようにどの音楽データがすでにDAPに転送されているかなどがわかりにくいので注意が必要です。

CDの音楽データをPCに取り込んで音楽を転送する

Windows Media PlayerやiTunesを利用することで、音楽CDをPC内に取り込んで、DAPに転送することができます。

Windows Media Playerに音楽CDを取り込む

Windows Media PlayerでDAPに音楽を転送するには、まず音楽CDを取り込む必要があります。

Windows Media Playerがインストールされているに音楽CDを挿入し、Windows Media Player上で[CDの取り込み]を選択することでCDが取り込まれます。

この時にインターネットに接続されていると、自動でアーティスト情報や曲のタイトルなどが取得されるのでおすすめです。

Windows Media Playerを用いてDAPに音楽を転送する

ここからはWindows Media Playerは使用しません。

まず、Windows Media Playerを使って音楽CDを取り込んだPCにDAPを接続します。

PC上で[エクスプローラー]を起動し、取り込んだ音楽ファイルが保存されている場所を表示します。

初期設定の状態の場合には、[ライブラリ](もしくは[PC])→[ミュージック]に保存されています。

さらに[エクスプローラー]上でDAPのデバイスを選び、[Music]フォルダを開きます。

そこに音楽フォルダをコピー&ペーストかドラッグ&ドロップすることで音楽を転送することができます。

iTunesを利用した場合

iTunesを使用することでWindows Media Playerと同じように音楽CDを取り込むことができます。

iPodの場合には、PCと接続するだけで音楽を同期することができますが、ソニーのDAPの場合にはWindows Media Playerと同様に手動で音楽を転送する必要があります。

まとめ

DAPに音楽を転送する方法は、一つの機種に対してもいくつも用意されています。

ですが、それぞれどの点で優れているのかなどが異なってきます。

それぞれについて簡単に知っておくことで、自分に合った転送方法を選ぶことができます。

ぜひ自分の使用環境などと相談しながら適した方法で音楽を楽しんでください。