コードがないと快適!DAPでワイヤレスイヤホンを使うメリットを4つ紹介

通常、DAPで音楽を聴く際はコード付きのイヤホンを使いますが、Bluetooth対応のものならワイヤレスイヤホンを使うことができます。

ワイヤレスイヤホンには当然コードがなく、コードがないことによって様々なメリットを得ることができます。

では、そのメリットとはどのようなことなのでしょうか?

コードがないので引っかかる心配がない

通常のコードがあるイヤホンだと、コードが何かに引っかかる可能性が少なからずありますが、ワイヤレスイヤホンはコードがないため、引っかかる心配がありません。

コードがあっても注意していれば、何かに引っかかるようなことはあまり起こりませんが、まれに起こることがあります。

例えば、満員電車など人と密着しやすいところでは、人のバッグなどにコードが引っかかる可能性があり、飲食店などではテーブルや椅子などに引っかかる可能性があります。

また、自分が着ている衣服や手に引っかかる可能性もあり、コードが何かに引っかかることによって、耳からイヤホンがスポッと勢いよく外れてしまうことがあります。

耳から勢いよく外れることで耳を傷つける恐れもあり、耳を傷つけないにしても不便さを感じてしまいます。

とにかく、コードが引っかかることで煩わしさを感じてしまうので、ワイヤレスイヤホンの引っかかる心配がないということは大きなメリットになります。

掃除をしながらでも快適に聴ける

DAPで、掃除などの家事をしながら音楽を聴く場合、コードが付いているものだと手や物などに引っかかることがあります。

手や物などに引っかかることが多くなれば、家事がしにくくなってしまいます。

ですが、ワイヤレスイヤホンを使用すれば、家事で一生懸命手や脚を動かしても、引っかかることは100%ありません。

邪魔に感じるコードがないことから、手を思う存分動かすことができ、家事をスムーズに行うことができます。

イヤホンが抜けることがないから快適に聴ける

コードが引っかかたり引っ張られたりすると、イヤホンが耳から抜けてしまうことがあります。

イヤホンが抜けてしまうと、楽しんでいた音楽を中断させられてしまいます。

サビなど大好きなところでイヤホンが抜けると、不快な気持ちになりますよね。

ワイヤレスイヤホンなら、そのようなことが起きるのを防ぐことができます。

揺れるコードがない

通常のコードがあるイヤホンを使っていると、コードが揺れてしまうことがあります。

じっとして聴いていれば、コードが揺れることはあまりありませんが、身体を動かしながら聴いているとコードは揺れてしまいます。

その揺れが気になってしまう方もおり、揺れが気になることで音楽を楽しむことができず、ストレスに感じてしまうことがあります。

ワイヤレスのものなら揺れるコードがないので、揺れによるストレスを感じることなく音楽を楽しむことができます。

そのため、コードの揺れが気になりやすいという方には、ワイヤレスイヤホンがおすすめです。

散歩やジョギングにも最適

ワイヤレスイヤホンは揺れるコードがないため、散歩やジョギングなどの運動にも最適です。

通常のコードのあるイヤホンを使って散歩やジョギングをすると、足や腕などを動かすたびにコードが揺れてしまいます。

身体の動きが大きくなるほど大きく揺れてしまい、大きく揺れるとコードが気になってしまい、快適に歩いたり走ったりすることができなくなります。

ワイヤレスイヤホンなら、そのようなことはないので、快適に運動しながら音楽を聴くことができ、音楽を聴きながら運動することで、モチベーションを上げることもできます。

擦れることによる耳障りの音がない

コードがある場合、着ている衣服にコードが擦れ、「ガサガサ」という耳障りの音が聴こえてくることがあります。

その音によって、人によっては不快に感じてしまうことがあり、不快に感じれば音楽を十分に楽しむことはできなくなります。

人によっては擦れる音は気になりませんが、音楽を聴く際、余計な雑音は防ぎたいものです。

ワイヤレスイヤホンを使えば、コードが衣服などに擦れて耳障りな音がすることはないので、タッチノイズによってストレスを感じることはありません。

コードが絡まるという煩わしいことがない

コードがあるイヤホンを使っていると、バッグやポケットに入れておいた時や、家に保管しておいた時などにコードが絡まっていることがあります。

コードが絡まらないように入れておいても、不思議なことに絡まってしまうことは多々あります。

ですが、コードがないイヤホンなら、当然コードが絡まることはありません。

時間を浪費しない

コードが絡まってしまうとコードをほどくことになりますが、コードをほどくには意外と時間がかかります。

ほどくために時間を使うということは、時間を無駄に使ってしまうことになります。

時間を無駄に使うのは勿体ないため、コードは絡まらないようにしたいものですが、コードが付いているとどうしても絡まってしまうことがあります。

ワイヤレスイヤホンなら、バッグなどに入れておいてもコードが絡まることはないため、コードをほどくことに時間を使わないで済みます。

まとめ

以上のように、コードがないことで様々なメリットを得ることができます。

そのため、DAPで音楽を聴く場合は、ワイヤレスイヤホンを使うことをおすすめします。

コードがあるのとないのとでは、使いやすさがかなり違ってくるので、少しでもワイヤレスイヤホンに興味のある方は購入を検討してみましょう。