差筋インサートホルダー | 住宅基礎関連製品|NSP|株式会社エヌ・エス・ピー

差筋インサートホルダー

差筋D10インサートホルダー
差筋D10インサートホルダー 用途

  • 差筋D10用インサートホルダーです。

特徴

  • 基礎の打設時に差し込み口を同時に施工
  • マグネットで型枠に引っ付きます!

姿図

*差筋D10用高ナットボルトセット(30セット入)は消耗品

  • ・高ナット3/8x40mm(ネジ呼び寸法x長さ)ユニクロ
  • ・長ナット3/8x50mm(ネジ呼び寸法x長さ)ユニクロ


使用方法

片側インサートの場合

任意の位置に差筋D10インサートホルダーをセットしてください1.任意の位置に差筋D10インサートホルダーをセットしてください。
ボルトを鉄筋に絡めて結束してください 2.ボルトを鉄筋に絡めて結束してください。


定着用差筋の場合

異形鉄筋D10(ネジ付)別売りを、差筋よD10用ナットボルトにねじ込みます1.異形鉄筋D10(ネジ付)別売を、差筋D10用ナットボルトにねじ込みます。
任意の位置にセットし、鉄筋に絡めて結束してください 2.任意の位置にセットし、鉄筋に絡めて結束してください。

脱型枠

脱枠後、中心のネジをマイナスドライバーで緩めれば簡単にインサートホルダーのみが外れます1.脱枠後、中心のネジをマイナスドライバーで緩めれば簡単にインサートホルダーのみが外れます。
異形鉄筋D10(ネジ付)別売を取り付けることが可能です。その際、高ナットとボルトは生コンの中に埋殺しになります。 2.異形鉄筋D10(ネジ付)別売を取り付けることが可能です。
その際、高ナットとボルトは生コンの中に埋殺しになります。



«  |  差筋インサートホルダー |   ≫